「しょうもないトロフィー」ランキング!

トロフィーの大きさを紹介!

トロフィーには、様々な種類があるのですが、大きさにも種類があります。
一番小さいものになってくると、お手軽サイズであり手に収まりきるようなしょうもない大きさになっているのですが、子供の運動会などのトロフィーに最適なサイズになっています。他には、全国大会で使用するようなかなり大きなタイプのトロフィーもあるのですが、これは一人で持つとなるとかなり困難なものがあるために、あまりにも大きすぎるためにこれもまたしょうもないです。
トロフィーは、大会によって大きさが変わってくるのですが、大きな大会になってくるほど栄誉をたたえることになるためにかなり大きくなってきます。しかし、大きすぎるともらう側からすればただただ困るだけなのです。

しょうもないトロフィーとは?

トロフィーには多くの種類が存在するのですが、種類が多すぎてしまうとしょうもないトロフィーも多く存在してくるのです。せっかく大会で優勝したのに、しょうもないトロフィーをもらってしまっては、あまり嬉しくありませんし家に飾りたいとも思いませんよね。
しょうもないトロフィーとして挙げられるのは、サイズが小さいものでしょう。地区大会などでは仕方のないことですが、県大会などで小さいトロフィーをもらってしまっては栄誉を讃えられていないような感じにもなります。
他は、装飾がかなりされているものが挙げられます。何も装飾されていないのもそうですが、装飾されすぎてしまっているものはそれもそれでしょうもないですから、気をつけておきたいものです。