人生最大の「心のトロフィー」

大きさは人によって異なる!

「初めて自分で自分をほめたいと思います」というマラソンランナー・有森裕子さんの名セリフがあります。このような表現は、アトランタオリンピックが開催された当時(1996年)は、あまりなかっただけに斬新な響きがしました。
特に、スポーツ選手は自分を限界まで追い込むことによって、技術も精神力も鍛えられるとのイメージがありました。スポ根性アニメやドラマが人気だった時代背景も関係しているのかもしれません。
しかし、自分をいじめ、痛み付けるだけでは逃げ場はないのです。たとえ、思い通りの結果が出なかったとしても、そこに至るまでがんばった過程を最大限評価することが大切ではないでしょうか。そのようなことから、「心のトロフィーの大きさ」は人によって異なってきます。なお、本人が発したセリフですが、一部では「自分で自分をほめてあげたい」と誤った形として伝わっています。

価値観も人によって異なる!

トロフィーだけでなく、カップやメダルにはいろいろな大きさがあり、色も異なる場合があります。また、まったく同じものをもらっても、あまり喜べない人もいるかもしれません。やはり、その人が目指してきたものの大きさが関係してくると思います。当然、価値観も人によって異なりますね。
スポーツ選手の場合は、競技結果で明暗がくっきり分かるため、それによって一喜一憂してしまいます。まわりの期待が半端なく大きいと、自分の意志とは関係なく独り歩きをすることもあります。そうなると、より完璧な結果を求められてしまいますね。
これは、スポーツ選手に限ったことではなく、すべての人に通じることだと思います。受験で結果を出すことも大きな課題ですね。しかし、どのような結果になっても、がんばった自分には「最大級の心のトロフィー」をプレゼントしてください。