あなたは「トロフィー」いくつもってますか?

いつ貰える?トロフィーの種類

プロの選手を除いて一般人が貰えるチャンスのある代表的なトロフィーといえば、学校での運動会や部活動の大会やコンクールなど、もしくは一般人が参加できるアマチュアの試合や競技会になります。また、社内で成績が良かったものに授与する会社も中にはあります。どのジャンルでもトロフィーは基本的に優勝者へと授与されるもので、優秀な成績を修める必要があるため1つもトロフィーを持っていないという人も珍しくはないでしょう。
トロフィーの大きさは競技会によって様々です。競技会の規模が大きくなるほどトロフィーが立派になる傾向があり、一般的なトロフィーのイメージである優勝カップも大きく高いものになっていきます。中には1メートルを超えるものもあります。

あのトロフィーは重かった!

有名なトロフィーといえばFIFAワールドカップで授与される、2人の選手が地球を支えているデザインのトロフィーです。高さは約36cmとさほど大きくはないものの、2005年から純金製になり重さは約6kgとずっしりとした豪華なトロフィーになっています。表彰式で優勝チームに贈られるこのトロフィーですが、実際に持ち帰るのはレプリカになっています。
他にはアカデミー賞で授与されるオスカー像。こちらも高さ約34cm、重さ約3.8kgと重みのある豪華なデザインです。
一人では持てないほどの巨大なものから、10cmほどのミニサイズまで様々な大きさのあるトロフィーですが、余り大きなものを貰っても保管する場所に困ってしまいそうです。